女子力が激落ち…ネットカフェで「女を休む女」は孤独死予備軍か? (7/7ページ)

2015.10.17 17:12

実際女性専用エリアに入ってみると、ここだけアロマのようないい香りが。バリのリゾート地をイメージしたという壁紙やインテリアは街角のネイルサロンのよう。フードやドリンクも充実し、一度入ると長時間過ごしたくなること必至の空間だ。

実際女性専用エリアに入ってみると、ここだけアロマのようないい香りが。バリのリゾート地をイメージしたという壁紙やインテリアは街角のネイルサロンのよう。フードやドリンクも充実し、一度入ると長時間過ごしたくなること必至の空間だ。【拡大】

 話を聞いた3人を含め、女性専用エリアにいた他の利用客を見ていると、ファッションや雰囲気から漂う女子っぽさに差はあれど、根底には共通して「ここに来るときくらいは人目を気にせず自分の世界に入りたい」という思いがあるようだ。

 女子力・恋愛運低下で、結婚は遠のく?

 実際、女性専用エリアで見かけたある女性は横になって片手で漫画、片手でポテチを食べ、完全に寛いでいた。私も利用するなら女性専用エリアに入り、顔はすっぴんで無表情、服は10年以上前に買った毛玉だらけの服で過ごすだろう。当然、そんな姿で誰にも出会いたくない。

 平日働く女性にとって、休日昼間のネットカフェは、女を休める楽園スポットだ。ということは、女子力が一時的に激落ちするスポットであり、この楽園に味をしめたら最後、合コンも女子会も婚活も何もかもが億劫になるかもしれない。すると必然的に恋愛運は低下し、誰とも口を利かない気楽さに慣れれば結婚もできず将来は孤独死……。そして安い娯楽だけで満足できるようになれば働く意欲も低下し人生は下り坂? 一瞬、そんな想像が頭をよぎった。

 孤独を求めた結果、孤独死予備軍となってはたまったものではない。と思いつつも、何もかもを忘れてココで1日過ごせたら……と夢想する筆者であった。

 (桜田容子=文)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。