「ふつうのお宅」相続なのに…なぜこじれやすいのか トラブル増加傾向 (3/8ページ)

2015.11.3 17:10

 民法の規定では、被相続人の配偶者は常に法定相続人。被相続人の子供は「第1順位の相続人」として、法定相続人の権利が与えられる。子供が死亡していた場合は孫へ、孫も死亡していた場合はひ孫へと、相続権が受け継がれていく(代襲相続)。

 被相続人に子供や孫などが1人もいない場合は、父母が存命なら父母に、父母が死亡していれば祖父・祖母が法定相続人となる(第2順位の相続人)。子供も直系尊属もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹に相続権が認められる(第3順位の相続人)。第3順位の相続人の場合、代襲相続が認められるのは被相続人のおい・めいまでだ。

 これらをまとめると、妻の親族の相続がわが家に関係してくるのは、(1)義父または義母、その上の直系尊属が亡くなったとき、(2)妻の兄弟姉妹のうち子供がいない人が亡くなったとき、(3)子供のいないおじ・おばが死亡し、かつその兄弟である義父・義母が2人とも先に亡くなっているとき、となる。

それぞれの法定相続人が相続する遺産の割合も法で定められており…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。