あなたの「格」は星いくつ?  客に対する飲食店スタッフの正直な気持ち (6/6ページ)

2015.12.13 17:02

 飲食店で食べたり飲んだりするときくらい、余計な気を遣わずに楽しみたいという人は多いでしょう。しかし、ビジネスに限らず人間関係においては「相手の立場に立って考えましょう」と子どもの頃からすり込まれている割には、飲食店という場においてそれを出来ている人は意外と多くはないのかもしれません。

 私はここで「飲食店のスタッフにもっと気を遣え」と言いたいわけでは決してありません。「情けは人の為ならず」ではありませんが、意識的に「良いお客」であろうとすることによって、結果的により良いサービスが受けられる可能性が高まるのは間違いありません。自身が得をするためにも、ぜひ次に飲食店に行った際にはスタッフの気持ちをほんの少し想像してみてください。

 子安大輔(こやす・だいすけ) カゲン取締役、飲食コンサルタント。1976年生まれ、神奈川県出身。99年東京大学経済学部を卒業後、博報堂入社。食品や飲料、金融などのマーケティング戦略立案に携わる。2003年に飲食業界に転身し、中村悌二氏と共同でカゲンを設立。飲食店や商業施設のプロデュースやコンサルティングを中心に、食に関する企画業務を広く手がけている。著書に、『「お通し」はなぜ必ず出るのか』『ラー油とハイボール』。

 株式会社カゲン http://www.kagen.biz/

 (子安大輔=文)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。