テーマが普通すぎて、他の学生と差別化できない? 自己PRは伝え方が大切 (2/3ページ)

2016.5.3 17:06

 企業によってテーマやPRする能力を変えるという学生もいますが、多くの学生は企業の求める能力に合わせようとすると、つじつまが合わなくなり、本来の良さを伝えられなくなります。自分が一生懸命やってきたことで自分の長所をしっかり伝える。それで不合格となったら、入社できてもミスマッチだったと割り切る気持ちも必要です。

 「面接での嘘はどこまで許されますか」という質問もよくされます。もちろん全く根拠のない嘘は論外です。特に自己PRに関する嘘は、もし内定を得ても入社後に、ばれてしまいます。しかし、志望動機や志望度に関しては、就活を通じて変化するものですし、選考を円滑に進めるために「話を盛る(大げさに言う)」ことはあるでしょう。

 「第一志望です」と言わないと面接が通らない企業も存在します。「待遇がいい」とか「知名度が高い」など正直に志望動機を言いにくい企業もあるでしょう。しかし、話を盛りすぎて引っ込みがつかず正直に話せなくなり、選考途中や内定後に企業から逃げてしまう学生が毎年います。

採用担当者がいつも残念に思う自己PRや志望動機は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。