厚切りジェイソン「ああ、こんなものなのか」 社長、お金、名誉よりも… (3/9ページ)

厚切りジェイソンさん
厚切りジェイソンさん【拡大】

 --その勉強の成果を、どう生かしてこられたのでしょうか。

 【ジェイソン】最初の会社(GEヘルスケア)に入社して3年間ぐらいは職能が一番下の等級でした。仕事をしながら勉強して修士号を取ったら、等級がようやく1つ上がりました。でも僕は修士号によって自分の価値がすごく上がったことをわかっていたから、自分の価値をより高く評価してくれる会社を探して、転職して自分の給料をかなり上げましたね。そこで2年働いている間にまた自分で勉強して自分の価値を高め、自分の能力を全部使える会社を見つけて交渉して、転職しました。そして、日本支社長として日本に来た。こうやって数段跳びで給料を上げてきました。

 --日本語能力検定もその一つだった?

 【ジェイソン】周りと区別するためです。なかなかないスキルの組み合わせを持っていれば、必要としている会社は、すごいお金を出すからね。僕は社長を目指していたので、周りとどう区別できるのかを考えながら何を勉強したらいいかを考えていた。周りに僕と同じコンピューターサイエンスの修士号を持っている人はけっこういたけど、その修士号と日本語能力検定1級の両方を持っているのは僕だけ。日本進出を考えていたIT企業が、僕を高く評価したのは自然です。

 仕事しながら勉強するコツとは?

 --2つのことを同時にやるコツはありますか。

 【ジェイソン】「いろんな条件が揃ったら勉強する」という考えではダメですね。条件が揃わないことを理由に後回しにして、やらなくなるから。

 --「定時に仕事が上がれて、食事の予定がなくて、家でご飯食べて、子どもが早く寝たら、寝る前に勉強する」みたいなことでは、確かにやらなくなりますね。

ゲームをやるのか、YouTubeを見ているのか、もしくは何か勉強しているのか…