英語で話しているのに外国人をイラっとさせてしまう日本人の振るまい (4/6ページ)

2017.3.12 13:12

 2.「会話中に目が合うと視線をそらす」の回避策

  「アイコンタクトは慣れが必要なので、意識的に練習するのがよいでしょう。我慢をして、ふだんよりも少し長めに人と見つめ合うようにしてみましょう。また、目が合ったときには軽く笑顔にする癖をつけておくと好印象です。無表情やあまり堅い表情でアイコンタクトしても、誤解を与えてしまう可能性があり逆効果です」

 3.「『鼻が高い』など外国人の身体的特徴をほめる」の回避策

  「身体的特徴については話題にしないのが一番です。ネガティブなものはもちろん、日本では問題のないことであっても、たとえほめ言葉であってもです。ほめるときには、You look great.(カッコいい・きれいですね)のように特定の身体部分を挙げずにほめましょう。または、I like your shirt.(そのシャツいいですね)のように持ち物や服についてのコメントが無難です」

 4.「日本語がうまいとほめる・日本食が食べられるか聞く」の回避策

  「Can you eat natto?(納豆を食べられますか)ではなく、Do you like natto?(納豆は好きですか)のようにすると聞こえ方が変わります。基本的には、日本人に対して聞くときのようなつもりで話すといいでしょう。日本人が箸を使っていても『お上手ですね』とは言いませんよね。“外国人だから”という固定概念や偏見をなくすようにしましょう」

個人的な話を答えたくないときに使える英語のフレーズ

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。