英語で話しているのに外国人をイラっとさせてしまう日本人の振るまい (5/6ページ)

2017.3.12 13:12

 5.「照れ笑いをする」の回避策

  「恥ずかしいときや困ったとき、失敗したときなどは、相手を気にせずに平然としていましょう。日本的な感覚でいえば、少々面の皮が厚いくらいの感じでちょうどいいのです。もちろん、謝罪が必要なときにはきちんと謝らなければいけませんが、“笑ってごまかす”は万国共通ではないと覚えておいてください」

 6と7.「あいまいな返事をする」と「個人的な質問をする」の回避策

  「個人的なことを聞いてしまったり、逆に知られたくないとあいまいな返事をしてしまったり、という点はどのラインまでが“個人的”なのかという文化的な差異によるもの。まずは、さまざまな価値観があると意識したうえで、判断がつかない場合にはIf you don’t mind me asking, …(もし差し支えなければ伺いたいのですが…)と前置きをしたり、Sorry, I don’t really want to talk about it.(ちょっと、そのお話はしたくないんです)と伝えたりすると誤解がないでしょう」

 ■外国人と英語で話すときのアドバイス

 箱田さんに、外国人と英語で話すに当たって、意識したいことのアドバイスをもらった。

お互いの共通点を探していくような会話がベター

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。