サイトマップ RSS

【軍事情勢】戦争メーカー 朝鮮半島の迷惑度 (5/5ページ)

2013.10.27 00:11

 大韓帝國の存在は半島を不安定化させ、日本を三度目の戦争に巻き込むとの認識を、米国など国際社会が共有した結果でもあった。三次協約にまで発展する流れは、むしろ大韓帝國自らが呼び込んだ。併合にいたっては、反対していた初代韓国統監・伊藤博文(元首相/1841~1909年)を暗殺し、併合論を勢いづかせた。

 今も昔も、朝鮮半島は日本の誠意や底力を見誤り、自ら墓穴を掘ってきた。それでいて、隷属を強いてきた中国など、日本以外の大国には媚(こ)びへつらう「排日・嫌日事大主義」は堅持する。朴槿恵(パク・クネ)大統領(61)は恒例の訪日を避け続け、米国の次に中国を訪れた。日韓共通の同盟国・米国ではバラク・オバマ大統領(52)に「北東アジアの平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たねばならない」と、米韓首脳会談にはそぐわない話を持ち掛けた。9月にはチャック・ヘーゲル米国防長官(67)にも同種の話をたたみ掛け、当惑させた。小学校低学年時、教室で飛び交った言葉を思い出す。

 「いーけないんだ、いけないんだ、先生に言ってやろっ」

 ただ“大人の付き合い”を期待できる人物もいる。韓国軍制服組トップの合同参謀本部議長・崔潤喜(チェ・ユンヒ)海軍大将(60)は、増大する北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗せんと「政治とは切り離して、軍事的に必要な部分は日本と互いに協力できるよう交流すべきだ」と述べた。「中国の軍事拡大が域内安全保障の懸念として台頭している」とも語っており、《力の空白》がいかに隣国に迷惑を掛けるか、理解しているようにお見受けする。(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ