サイトマップ RSS

「プーチン氏にノーベル賞を」の欺瞞 (1/4ページ)

2013.10.30 11:00

  • ロシア・サンクトペテルブルク

 【国際情勢分析】

 シリア情勢をめぐり、米国などによる軍事介入が秒読み段階とみられていた9月以降、化学兵器を国際管理するとの「ロシア提案」に沿って急転回した。米国による武力行使の可能性は遠のき、今月(10月)には化学兵器禁止機関(OPCW)がシリアで化学兵器の廃棄作業に着手。米国の機先を制する「外交的勝利」に沸いたロシアでは、今年のノーベル平和賞がウラジーミル・プーチン大統領(61)に授与されるべきだとの声まで出た。

 対シリア問題で「貢献」

 シリア内戦は8月21日、首都ダマスカス近郊で化学兵器が使用された疑いが浮上し、風雲急を告げた。バラク・オバマ米大統領(52)はこれに先立ち、化学兵器使用を「レッドライン」(越えてはならない一線)と表現し、強い措置を警告していたためだ。ただ、米国の計画した限定的な武力行使には欧州諸国でも支持が広がらず、オバマ政権が米議会の承認を得られるかも微妙な情勢だった。

プーチン氏こそが受賞すべき

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ