サイトマップ RSS

吉田戦車と料理のはなし 幅允孝 (2/5ページ)

2013.12.24 18:30

冷蔵庫の中にたたずむ「逃避めし」(右)と「おかゆネコ」(幅允孝さん撮影)

冷蔵庫の中にたたずむ「逃避めし」(右)と「おかゆネコ」(幅允孝さん撮影)【拡大】

  • 「逃避めし」(吉田戦車著/イースト・プレス、1460円、提供写真)
  • 「料理歳時記」(辰巳浜子著/中央公論新社、760円、提供写真)
  • 「おかゆネコ」(吉田戦車著/小学館、780円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 もちろん、それぞれの料理にこだわりはある。例えば「塩ラッキョウ カレーライス添え」は辰巳浜子の名著『料理歳時記』(2)にあった一節が起源なのだという。「ラッキョウと塩によって自然にかもし出された酸味」という文章を読んだ20歳そこそこの吉田がずっと胸にしまっていたこの料理。だが、この逃避めしのすごさは、その美しい記憶を現実が大波のように呑みこんでしまう無惨さにある。近年、彼がラッキョウを漬け始めたきっかけは「レトルトカレーのグレードアップ」のため。1キロも購入し、丁寧に皮をむき、塩水に漬けこみ作った塩ラッキョウ。それを中心に据えることで、見事にレトルトカレーがちょっとしたレトルトカレーになるではないか。果たして辰巳浜子は泣いているのだろうか? よろこんでいるのだろうか?

 ちくわの穴の空虚にスピリチュアルな栄養素を発見し、「手を抜けるだけ抜くことがうまさにつながる」納豆オムレツで、プロの料理に対抗心を燃やす。主役の春キャベツを劉備玄徳とよび、引き立て役のハムは諸葛孔明と名付ける。料理の常識や良識から遠くはなれて、ひとりその台所というフィールドで真剣に遊ぶ吉田戦車。

「あるものでなんとかする」美徳

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ