サイトマップ RSS

【軍事情勢】中国の陋規瓦解を期待 「盗人の最低限のモラル」も低下 (5/6ページ)

2014.3.9 08:10

 習氏や胡錦濤前国家主席(71)▽温家宝前首相(71)▽李鵬元首相(85)ら16人の隠し資産は、2社のデータ上だけで計4兆6200万円にのぼる。香港の月刊紙・争鳴の2012年の報道だと、国家主席や副主席、首相の月給は40万~50万円程度で、腐臭はプンプン。

 その習氏は腐敗撲滅を強化し、摘発を続ける。既に、最高指導層の一角・周永康氏(71)は汚職で取り調べ中だ。

 止まらない隠し資産流出

 ところで安岡は、表の顔である支配階級にも暗黙の掟=陋規がある旨示唆する。とすると、周氏の取り調べは、収賄を満喫する指導者が、同じく賄を懐にする指導者を摘発する構図。陋規の否定ではないか。件の老学者や小欄の考えに則れば、共産中国は消えてなくなる。

 権力闘争激化という実体も滅亡を加速する。劉被告は周氏ら中央の党幹部の庇護も受け20年以上も訴追を免れたが、周氏を追い詰めるにはまず劉被告をという段取り。当然、歴史に学べば、習氏も失脚に震えるときを遠からず迎える。権力者相互の疑心暗鬼も常で、国外にヒトとカネを流出させる。

庶民の目を外にそらすべく、反日目的の世論戦を強めてくる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ