サイトマップ RSS

首都高50年 安全性確保で大規模改修 (1/4ページ)

2014.3.19 12:50

首都高速道路の更新計画の対象箇所。※既に重大な損傷が発生している箇所(約33km)について記載。残りの箇所(約22km)については、構造上の課題がある箇所の中から、点検状況や現地条件などを踏まえ、具体の区間を絞り込む=2014年3月18日現在(首都高速道路株式会社提供)

首都高速道路の更新計画の対象箇所。※既に重大な損傷が発生している箇所(約33km)について記載。残りの箇所(約22km)については、構造上の課題がある箇所の中から、点検状況や現地条件などを踏まえ、具体の区間を絞り込む=2014年3月18日現在(首都高速道路株式会社提供)【拡大】

  • 首都高速1号羽田線(東品川桟橋)コンクリート床板の損傷=2014年3月18日現在、東京都品川区(首都高速道路株式会社提供)
  • 首都高速1号羽田線(東品川桟橋)主桁の損傷=2014年3月18日現在、東京都品川区(首都高速道路株式会社提供)
  • 海水によって腐食した橋桁。道路の安全性を守るため、補修作業が急務だ=2014年3月18日現在、東京都品川区(首都高速道路株式会社提供)
  • 大規模造り替えの必要性について説明する首都高速道路株式会社・高橋三雅建設事業部構造設計室長=2014年3月7日(首都高速道路株式会社提供)

 首都・東京の主要な道路ネットワークである首都高は、開通して50年が経(た)つ。来年度には、中央環状線品川線が開通予定で、羽田空港から新宿まで約20分になるなど、さらなる利便性の向上が見込まれる。一方で、高齢化も進んでおり、将来的な安全性を確保するためにその対策も急務となっている。

 首都高速道路は、1962年に1号線京橋~芝浦間の約4.5キロが開通。1964年に開催された東京五輪までに合計約33キロが開通し、その後、放射路線の整備、都市間高速道路との接続、中央環状線などのネットワーク整備を経て、現在、総延長は約300キロにのぼる。

 1日の平均利用交通量は約100万台、大型車の交通量は都内一般道の約5倍と、まさに日本の首都を支える大動脈。その中で最大の問題は、老朽化対策だ。経過年数が40年を超える路線が約3割を占めることに加え、法令で定めた重量を超す違反車両も年間35万台にのぼり、道路の劣化を加速させている。

 また、東京五輪に向け急ピッチに整備を進めるため、用地買収を少なくする工夫として公共用地である河川や道路などの上に建設された。そのため、他の道路に比べ高架橋やトンネルの割合が多いのも特徴。その分、維持管理に手間がかかり費用がかさむ。

羽田線など5区間8キロ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ