サイトマップ RSS

観光名所 再び歴史の表舞台に ウクライナ・クリミア半島 (3/4ページ)

2014.5.2 11:15

1945年2月、ヤルタ会談が行われたリバディア宮殿。ここで第二次大戦後の世界秩序が決められた=2014年3月24日、ウクライナ・クリミア半島ヤルタ(佐々木正明撮影)。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。

1945年2月、ヤルタ会談が行われたリバディア宮殿。ここで第二次大戦後の世界秩序が決められた=2014年3月24日、ウクライナ・クリミア半島ヤルタ(佐々木正明撮影)。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。【拡大】

  • ヤルタ会談が行われたリバディア宮殿内部の会議場。3巨頭が取り囲んだ円卓テーブルが今も残り、当時のソ連共産党機関紙プラウダが飾られている=2014年3月24日、ウクライナ・クリミア半島ヤルタ。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。
  • クリミア半島フォロスの別荘群。1991年8月、黒海沿岸を望むこの静かな保養地で(ミハイル・)ゴルバチョフ幽閉事件は起きた=2014年4月1日、ウクライナ。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。
  • 特別市セバストポリにある古代ギリシャ時代の植民都市、ヘルソネスの遺跡。世界遺産に登録されている=2014年3月27日、ウクライナ・クリミア半島。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。
  • 16世紀から18世紀にかけてクリミア・ハン国の首都だったバフチサライに残る宮殿。この宮殿で歴代君主が暮らした=2014年3月29日、ウクライナ・クリミア半島。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。
  • ウクライナ・クリミア半島。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。

 フォロス。1991年8月、ソ連最後の指導者、ミハイル・ゴルバチョフ大統領(83)がライサ夫人(1932~99年)とともに共産党守旧派に幽閉された場所である。「8月クーデター」とも言われるこの出来事でゴルバチョフ氏の権威は失墜し、ソ連邦は崩壊に至る。

 その別荘もまだ残っている。もちろん場所を示す標識も何もないのだが、幹線道路を走っていると、この地域にはやや不釣り合いなオレンジ色の屋根がすぐに見つかる。別荘に向かう小道だけきれいに舗装されていて、目立っているのである。

 ソ連邦崩壊後の90年代初頭、日本とロシアは新しい関係が結ばれることが期待され、ロシア語ブームが起こった。私もその風潮に乗っかり、大学でロシア語専攻を選んだのだが、まさか記者として自分の人生にも大きな影響を与えたフォロスにやってくるとは考えていなかった。

世界遺産 特別市セバストポリにあるヘルソネス遺跡

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ