サイトマップ RSS

SFの想像力は加速している 幅允孝 (3/5ページ)

2014.5.13 16:35

アニメ「シドニアの騎士」のキービジュアル。(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

アニメ「シドニアの騎士」のキービジュアル。(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局【拡大】

  • 「シドニアの騎士」(弐瓶勉_作/講談社、617円)。(C)弐瓶勉・講談社
  • 「宇宙戦争」(H・G・ウェルズ著、斉藤伯好訳/早川書房、596円、提供写真)
  • 「エデン」(スタニスワフ・レム著、小原雅俊訳/早川書房、絶版、提供写真)
  • 「ソラリスの陽のもとに」(スタニスワフ・レム著、飯田規和訳/早川書房、886円、提供写真)
  • 「砂漠の惑星」(スタニスワフ・レム著、飯田規和訳/早川書房、821円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 1959年から64年の間にレムが書いた『エデン』(4、小原雅俊訳)、『ソラリスの陽のもとに』(5、飯田規和訳)、『砂漠の惑星』(6、同)は、「ファーストコンタクト3部作」と呼ばれている。特に「ソラリス」はA・タルコフスキーやS・ソダーバーグによって映画化もされており有名だ。そんなレムの3部作では、異生物とのコミュニケーションの困難さがテーマとなり、人間の価値観や感情、理性は、他の生物にとって無意味どころか害悪になる可能性も孕(はら)んでいることを描き切った。相手をわかろうとする人間は、対象を知ろうと仮説を立て、対策を練るのだが、その果てに何が見えてくるのか…? シドニアの世界で、人類と奇居子の邂逅(かいこう)はあるのだろうか?

 古くて新しい世界観

 もうひとつ、『シドニアの騎士』の魅力として、「古くて新しい」という側面が挙げられる。細やかな設定や、キャラクターの造形など、どこかで見たことがあるという本歌取りの親和性を感じさせながら、それがこの作品ならではの世界観に新しく昇華されているのだ。

 人類の命運をかけた宇宙船といえば『宇宙戦艦ヤマト』を思い浮かべる人は多いだろうし、急に現れた天才パイロットが白銀の機体を操縦するとなると、ある世代以上は『機動戦士ガンダム』を想起しないわけにはいかない。最初に現れた奇居子(ガウナ)は『風の谷のナウシカ』における巨神兵にも見えなくもないし、そこから伸びる触手は、腐海の植物の菌糸を思い起こさせる。

人間同士が理解し合う難しさを感じる作品性

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ