サイトマップ RSS

灼かれるような日々を過ごしてみたいなら… 本音の言葉を放ちつづけた鈴木いづみを読みなさい 松岡正剛 (1/5ページ)

2014.3.30 14:05

文遊社の『鈴木いづみコレクション』全8冊はすべて荒木経惟(のぶよし)のモノクローム写真で飾られた。自殺して10年目の刊行だった。みんなが『鈴木いづみが還ってきた!」と感じた(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)

文遊社の『鈴木いづみコレクション』全8冊はすべて荒木経惟(のぶよし)のモノクローム写真で飾られた。自殺して10年目の刊行だった。みんなが『鈴木いづみが還ってきた!」と感じた(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)【拡大】

  • 【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)
  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 開高健が19歳の才能に驚いた。田原総一郎も好奇の目で見た。若松孝二は映画にしたくなっていた。ビートたけしは対談にびびった。寺山修司は舞台女優にしそこねた。鈴木いづみのことだ。

 そのころ鈴木いづみについては、伊東の市役所でキーパンチャーをしていた17歳の少女が上京し、ホステスやヌードモデルやピンク女優などをしながら、「小説現代」新人賞の次点になり、「文学界」新人賞の候補になり、どうも足の小指を切ったらしいといった噂しか知られていなかった。1970年代のことだ。

 そのうちアルトサックスの天才阿部薫と同棲し、一女をもうけるのだが、78年に阿部は29歳で急死した。鈴木はそのあと10年ほど小説やエッセイを書いて異質な脚光を浴びていたのだが、たくさんの噂に包まれたまま、86年に36歳で首吊り自殺した。

 語録が残った。「孤独じゃなければ奇人になれない」「私の前に誰も立つなよ」「色情狂になるなら美人でいろよ」「深刻ぶっている連中には本物の不幸なんてない」「加藤登紀子が生きてりゃいいさなんて歌ってると死にたくなるよ」「ミック・ジャガーもデヴィット・ボウイも小物だね」「自分をおおげさに考えるあの自意識が大嫌い」「誰もがヘンタイになっている」「絶対の真理? そんなものあるはずないじゃんか」「私は誰も一生アイさない」「ホモの雑誌は低能だよ」。

今日の社会の正体を見抜いた先駆者だった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ