サイトマップ RSS

鉄(くろがね)に取り組んできた工匠たち 鉄男も鉄子も鉄平も、みんな鉄学者! 松岡正剛 (1/5ページ)

2014.3.4 16:00

藤沢の装飾金属を専門にしている「さいとう工房」の一角。鉄が鉄を加工する現場。鉄の工匠たちは独特の哲学と技能がある。この写真は作品の一部。藤本晴美さんに紹介された(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)

藤沢の装飾金属を専門にしている「さいとう工房」の一角。鉄が鉄を加工する現場。鉄の工匠たちは独特の哲学と技能がある。この写真は作品の一部。藤本晴美さんに紹介された(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)【拡大】

  • 【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)
  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 10代のころ、化石や鉱物を採集をしているうちに黄鉄鉱や磁鉄鉱に出合い、「鉄学者」になりたいと思った。ピカピカの鉄、万力のような塊、鉄橋、自転車、錆びた鉄、みんなすばらしい。そう、思ったのだ。

 残念ながら「鉄学者」になるという希望は叶わなかったけれど、30代、自分で創刊し編集した雑誌「遊」で遅まきながら「鉄学ノート」を書いた。ついで全ページを漆黒にした『全宇宙誌』で「宇宙のアイアンロード」を綴ってみた。

 鉄は人類と文明の象徴だ。鉄を加工することを思いつけなかったなら、動力も産業も戦争も、工作機械もスカイスクレイパーも、ここまで発達しなかった。宰相ビスマルクの言葉ではないが、まさに「鉄は国家なり」なのだ。ヤマト朝廷だって、出雲や北九州のタタラの民の技能をまるごととりこんでやっと成立したわけである。

鉄は、星の運命を決定している宿命的な物質

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ