サイトマップ RSS

鉄(くろがね)に取り組んできた工匠たち 鉄男も鉄子も鉄平も、みんな鉄学者! 松岡正剛 (3/5ページ)

2014.3.4 16:00

藤沢の装飾金属を専門にしている「さいとう工房」の一角。鉄が鉄を加工する現場。鉄の工匠たちは独特の哲学と技能がある。この写真は作品の一部。藤本晴美さんに紹介された(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)

藤沢の装飾金属を専門にしている「さいとう工房」の一角。鉄が鉄を加工する現場。鉄の工匠たちは独特の哲学と技能がある。この写真は作品の一部。藤本晴美さんに紹介された(小森康仁さん撮影、松岡正剛事務所提供)【拡大】

  • 【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)
  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【KEY BOOK】「金属のふしぎ」(斎藤勝裕著/サイエンス・アイ新書、ソフトバンク、1000円)

 地球の元素のうちの75%は金属だ。鉄を知るにはまず金属を知りたい。地球が金属からできていること、その結晶的な性質のこと、金属には延性と展性があること、電気との相性のこと、レアメタルのことなど、いろいろおもしろい。金属のなかで鉄はダントツに文明の利器を作ってきた。生活資材から戦争兵器まで、鉄が活躍していないものはない。それが工匠たちの技能によって、橋にも鉄塔にも建物にも、また日本刀にもなる。

 【KEY BOOK】「鉄の歴史と化学」(田口勇著、ポピュラーサイエンス、裳華房、1365円、在庫なし)

 鉄の本といったらルートヴィヒ・ベックの『鉄の歴史』全16冊だ。日本製鉄にいた中沢護人さんがこつこつと一人で訳し、1979年の日本翻訳文化賞を受けた。一方、新日鉄にいたのが本書の田口勇さんだ。鉄鋼分析の研究者で、科学技術庁長官賞を受けた。本書は“鉄学”の基本とともに、日本人が知るべき鉄の歴史と文化に詳しい。宮崎駿の『もののけ姫』はタタラの民が重要な役割をもっていたが、本書はそのあたりにも深入りしている。

「鉄はフォルムだ」と見抜く

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ