サイトマップ RSS

SFの想像力は加速している 幅允孝 (4/5ページ)

2014.5.13 16:35

アニメ「シドニアの騎士」のキービジュアル。(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

アニメ「シドニアの騎士」のキービジュアル。(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局【拡大】

  • 「シドニアの騎士」(弐瓶勉_作/講談社、617円)。(C)弐瓶勉・講談社
  • 「宇宙戦争」(H・G・ウェルズ著、斉藤伯好訳/早川書房、596円、提供写真)
  • 「エデン」(スタニスワフ・レム著、小原雅俊訳/早川書房、絶版、提供写真)
  • 「ソラリスの陽のもとに」(スタニスワフ・レム著、飯田規和訳/早川書房、886円、提供写真)
  • 「砂漠の惑星」(スタニスワフ・レム著、飯田規和訳/早川書房、821円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 2006年につくられた恋愛アドベンチャーゲームの傑作『マブラヴ オルタネイティブ』(7)は、人類が戦術機という人型兵器を駆使して敵対的な地球外起源生物BETAと戦う物語。設定もかなり近く、その主人公は、ハーレム的にモテるものの圧倒的に鈍感で周囲の女の子の想いにまったく気づかないという男なのだが、これが見事に谷風長道と重なってくる。そう、SFロボットものとしての魅力がある一方で、王道感のあるラブコメとしての楽しみや、人間同士が理解し合う難しさを感じる作品性が『シドニアの騎士』の読者をひろげているのだ。

 遺伝子改造により光合成をすることができるシドニア人。奇居子と人間の融合個体。人語を話す二本足歩行の熊?? シドニアの世界では、思いもよらなかったSFギミックが多数登場し、見たことのない展開へと読者を誘う。H・G・ウェルズは「タイムマシン」や「透明人間」「冷凍睡眠」など多くの新しいSF的ガジェットを発明し、のちのSF小説家たちは彼がすべてのことを書き切ってしまったと嘆いたらしい。けれど、まだまだ新しいSFは生まれてくるのだ。この21世紀の日本から、マンガという胞衣をまとって。(ブックディレクター 幅允孝(はば・よしたか)/SANKEI EXPRESS

ブックディレクター 幅允孝略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ