サイトマップ RSS

ジャケットは素材で差をつける 松屋銀座メンズバイヤー 宮崎俊一さんに聞く (1/4ページ)

2014.10.14 14:55

ションヘル織機で織られた生地を使った「アトリエメイド」の紺のジャケット(5万円)に、「カルツォーニ」のグレーのスラックス(1万9000円)のコーディネート。松屋オリジナルドレスシャツ(1万3000円)とウールネクタイ(9000円)をあわせて=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)

ションヘル織機で織られた生地を使った「アトリエメイド」の紺のジャケット(5万円)に、「カルツォーニ」のグレーのスラックス(1万9000円)のコーディネート。松屋オリジナルドレスシャツ(1万3000円)とウールネクタイ(9000円)をあわせて=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)【拡大】

  • ざっくり織り感のあるポール・スチュアートのニットジャケット(3万3000円)とコーデュロイパンツ(2万1000円)にチェックのシャツ(1万9000円)を合わせてカジュアル感を演出=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • 「ブークレ」素材を使ったアレグリのジャケット(5万7000円)に、ニットカーディガン(2万1000円)を合わせると温もりのある印象に=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • ツイードは今年秋冬のトレンド素材、中でも人気が高まるばかりの「ハリスツイード」製アトリエメイドのジャケット(5万円)は、生地が丈夫で素材の素朴さを感じられる逸品=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • ツイードやブークレなど起毛感のあるジャケットには、ウール素材で温もりのあるフェアファクスのネクタイ(9000円)が合わせやすい=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • 起毛素材のジャケットとパンツとの相性がいいスエード靴。手前は英老舗ブランド「チャーチ」のチャッカブーツ(5万9000円)。米老舗ブランド「ウォークオーバー」のダービー(上、3万3000円)は丸い靴先がカジュアルシーンにぴったり=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • ポール・スチュアートのコーデュロイパンツ(2万1000円)は細めの畝が今年のトレンド=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • 生地の表面に糸の輪郭が出た「ブークレ」素材=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • 英ハリスツイード協会が認定した証しのラベル。右下には生産者が判別できるシリアルナンバーが=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)
  • 銀座松屋メンズバイヤー、宮崎俊一(しゅんいち)さん=2014年10月3日、東京都中央区(大山実撮影)

 【トレンドを着こなそう!】Vol.14

 ワンパターンになりがちな男性のコーディネート、オンとオフをどう使い分けようかと悩む男性は多いのではないでしょうか。そこで2012年7月から1年間、男性のファッションを中心に連載してくださった東京・松屋銀座の紳士服バイヤー、宮崎俊一さんに再登場をお願いしました。宮崎さんは、第一印象の決め手となるジャケットに「『素材』で差をつけましょう」と話します。

 今年秋冬のトレンド素材の一つがツイード。中でも年々、人気が高まっているのが「ハリスツイード」だ。スコットランド北西部の島、ハリス・アンド・ルイス島の島民たちが手織り織機で織った生地が発祥で、狩りなどの際に着用された丈夫で素朴なジャケットだ。現在は英国の「ハリスツイード協会」が認定したものだけが、ブランドを名乗ることを許されている。

 宮崎さんは松屋オリジナルブランド「アトリエメイド」のジャケット(5万円)を、「10年は着られます。中国などでも人気が出て品薄となり、どんどん値段が上がりそう。いま買うのがチャンスです」と推薦。「合わせるパンツは起毛感のあるサキソニーやフランネル素材がおすすめで、ジャケットのツイード素材ともバランスのとれたコーディネートに」

質感と膨らみ、耐久性

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ