サイトマップ RSS

【にほんのものづくり物語】屋久島 タンカン (3/4ページ)

2014.10.16 17:50

屋久島のタンカン=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)

屋久島のタンカン=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)【拡大】

  • 鹿児島県の屋久島でタンカン作りに取り組む、田中農園の田中秀志(ひでし)さん(左)=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)
  • (左から)「肌もち_ジェルエッセンス」(50グラム、3456円(税込み価格))、「肌もち_ミストスプレー」(50ミリリットル、1620円(税込み価格))、「肌もち_ハンドクリーム」(35グラム、1296円(税込み価格)、株式会社グランデュール提供)。www.grandeur-gd.co.jp

 そんな中で田中さんはタンカンの有機栽培を始めます。ポンカンとネーブルオレンジの自然交雑でできたタンカンは、柑橘(かんきつ)系の果物の中では一番糖度が高く、また、その濃厚な果汁にはみかんの約2倍のビタミンCが含まれています。おいしくて、何より安心して食べられるものを作りたいという強い思いから、新しい苗が市場に出るのを待って、山を切り開いた三反の土地にタンカンを植栽しました。周りの農家は皆、収益性の高いポンカンの生産をしており、それ以外の新しい果実、ましてや有機栽培という手間のかかることをする必然性は、なかなか理解されなかったといいます。せっかく植えた木が台風の影響で全滅するなどの危機を乗り越え、昭和53年、小粒ながら甘みの強いタンカンの収穫に成功します。やがて、世の中の金融バブルがはじけ、景気の低迷とともにポンカンの出荷数も下降。社会状況の変化とともに、食の安全や環境問題に対する関心が高まってきました。自分たちの集落で皆が豊かに暮らしていける未来を願い、安心なものを地道につくり続けた田中さんの時代がやってきたのです。

「生まれた土地で、皆が豊かに暮らすために」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ