サイトマップ RSS

【にほんのものづくり物語】屋久島 タンカン (4/4ページ)

2014.10.16 17:50

屋久島のタンカン=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)

屋久島のタンカン=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)【拡大】

  • 鹿児島県の屋久島でタンカン作りに取り組む、田中農園の田中秀志(ひでし)さん(左)=鹿児島県熊毛郡屋久島町の吉田集落、田中農園(提供写真)
  • (左から)「肌もち_ジェルエッセンス」(50グラム、3456円(税込み価格))、「肌もち_ミストスプレー」(50ミリリットル、1620円(税込み価格))、「肌もち_ハンドクリーム」(35グラム、1296円(税込み価格)、株式会社グランデュール提供)。www.grandeur-gd.co.jp

 屋久島の自然の中で丁寧に手をかけて作られるタンカン。見た目が多少悪くても、皮まで使い切れる安全さと、香り豊かなおいしさには定評があります。しかも出荷できないグレードのものは肥料化し、完全に循環をさせるなど徹底したエコ対応。その真摯(しんし)な取り組みを知る鹿児島県の有機生産組合からの紹介で、化粧品原料として活用する道も開けました。爽やかなタンカンの蒸留水がミストやジェル、ハンドクリームに形を変え、屋久島の香りを届けてくれます。

 現在、吉田集落も高齢化をむかえ住民数も減少しつつあります。しかし、「生まれた土地で、皆が豊かに暮らすために仕事を全うすることこそ自分の生きざま」という田中さんの思いは、これからも受け継がれ、新しいものづくりにつながって行くことでしょう。(SANKEI EXPRESS

 ■田中秀志(たなか・ひでし) 1945(昭和20)年1月2日、屋久島生まれ。鹿児島県立屋久島高校、専修大学法学部卒業後、大阪で就職。74年に家族とともに屋久島にUターンし田中農園を開く。2002年、有機JAS法「認定証」を取得。夫婦二人三脚で有機農法での果実作り、屋久島固有種の栽培に取り組んでいる。

問い合わせ先:田中農園

〒891-4202 鹿児島県熊毛郡屋久島町吉田71 (TEL・FAX)0997・44・2780

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ