サイトマップ RSS

子供たちがヒントを得てくれたらうれしい 映画「美女と野獣」 レア・セドゥさんインタビュー (1/4ページ)

2014.10.31 13:30

「たくさんの子供たちに見てもらいたい」と語る、フランス人女優のレア・セドゥさん=2014年9月5日、東京都港区(寺河内美奈撮影)

「たくさんの子供たちに見てもらいたい」と語る、フランス人女優のレア・セドゥさん=2014年9月5日、東京都港区(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「美女と野獣」(クリストフ・ガンズ監督)。11月1日公開(シナジー・リレーションズ提供)

 恋愛ファンタジーの金字塔として世界中の人々に愛されてきた「美女と野獣」が実写映画化された。フランスの民話を題材にビルヌーヴ夫人(1695~1755年)が1740年に執筆した同名の物語をベースとしている。ヒロインのベルを演じたのはフランスの人気女優、レア・セドゥ(29)だ。

 運命の犠牲者ではない

 最近、映画「007」シリーズの次回作でボンドガールへの起用が報じられ、男性ファンを喜ばせたばかりだが、逆に「美女と野獣」では「多くの子供たちに見てもらいたい」との思いが強い。セドゥは「私は大の子供好きなんですよ。子供たちがベルの心の成長を見て、何らかの生きるヒントを得てくれたら、うれしいですね」と期待を込めた。

 少女ベル(セドゥ)は、バラを盗んだ父親の罪を背負って、恐ろしい野獣(バンサン・カッセル)が主として暮らす城に閉じ込められてしまう。だが、野獣の要求といえば、毎晩夕食を共にすることだけだった。ほどなくベルは野獣の隠れたもう一つの顔に気付きはじめる。

仏哲学者ジャック・ラカン『自分が支配できる主人を探せ』

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ