サイトマップ RSS

サイバー聖戦 実は「はったり攻撃」 イスラム国が米軍ツイッターなど乗っ取り (1/3ページ)

2015.1.14 00:01

シリアのラッカで2014年6月に行われた軍事パレードで、装甲車の上に乗り、“国旗”を振る戦闘員。武力を誇示するが、サイバー戦闘能力は未知数だ(ロイター)

シリアのラッカで2014年6月に行われた軍事パレードで、装甲車の上に乗り、“国旗”を振る戦闘員。武力を誇示するが、サイバー戦闘能力は未知数だ(ロイター)【拡大】

  • 「イスラム国」を名乗るハッカーに乗っ取られた米中央軍のツイッターの画面。戦闘服姿の人物が写っている=2015年1月12日(ロイター)

 中東地域を管轄する米中央軍のツイッターとユーチューブの公式アカウントが12日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国(IS)」を名乗るハッカーに乗っ取られた。ハッカーは米国への“サイバー・ジハード(聖戦)”を宣言。バラク・オバマ大統領(53)がワシントンでサイバーセキュリティーに関する演説を行っていた真っ最中に起きており、政権の面目は丸つぶれ。ただ、ハッカーの戦闘能力は未知数。脅迫のために掲示した個人情報はネット検索で誰にでも入手できるものばかりで機密情報は漏れていない。専門家からは「稚拙なはったり攻撃」との指摘も出ている。

 「米兵よ、背後に気をつけろ」

 ISに対する空爆を指揮している中央軍のツイッターに異変が起きたのは12日午後0時半。画面にISの戦闘員とみられる人物が映し出され、「イスラム国を愛している」とのメッセージが現れた。

 預言者ムハンマドの後継者を指す「カリフ」にちなんで「サイバー・カリフ」とも名乗ったハッカーは「米兵たちよ、われわれは来ている、背後に気をつけろ、イスラム国より」「われわれは既に、お前たちのパソコンの中にいる」といった脅迫のつぶやきを書き込んだ。

大統領が警鐘鳴らす最中

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ