サイトマップ RSS

米国防長官が辞任 後任に女性元次官ら浮上 「側近政治」加速 オバマ氏孤立も (1/4ページ)

2014.11.26 09:30

バラク・オバマ米大統領(右)が自身の更迭を発表する様子をみつめるチャック・ヘーゲル米国防長官=2014年11月24日、米国・首都ワシントン・ホワイトハウス(ロイター)

バラク・オバマ米大統領(右)が自身の更迭を発表する様子をみつめるチャック・ヘーゲル米国防長官=2014年11月24日、米国・首都ワシントン・ホワイトハウス(ロイター)【拡大】

  • ミシェル・フロノイ元国防次官=2011年12月7日、中国・首都北京市(AP)

 米国のバラク・オバマ大統領(53)は24日、ホワイトハウスで記者会見し、チャック・ヘーゲル国防長官(68)の辞任を正式発表した。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の掃討作戦などをめぐる両者の対立が背景にあり、事実上、更迭することで、体制刷新を図る狙いがある。

 大統領は記者会見で、辞任理由には触れず、ヘーゲル長官の功績を評価して謝意を示した。同席したヘーゲル長官も「大統領と私は、今が(辞任の)適切な時期だということで合意した」とだけ説明した。

 米メディアによると、長官の辞任は大統領の要請に基づくものだった。ヘーゲル長官は後任が議会承認されるまで、職務を続ける。

 ヘーゲル長官は「オバマ政権のシリア政策は、アサド政権への対処を明確にしていない」とする書簡をスーザン・ライス大統領補佐官(50)=国家安全保障担当=に送付し、シリア戦略の見直しを求めていた。しかし、オバマ大統領は地上部隊の派遣を拒むなど、溝が深まっていた。

シリア問題で衝突

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ