サイトマップ RSS

憎しみのキリスト教徒参戦 対「イスラム国」 欧米から義勇兵続々 (2/3ページ)

2015.2.18 00:01

「イスラム国」と戦うキリスト教徒の義勇兵組織に参加する唯一の外国人女性。マスクと野球帽で素性が分からないようにして、イラク北部のドホークでインタビューに答えた=2015年2月13日(ロイター)

「イスラム国」と戦うキリスト教徒の義勇兵組織に参加する唯一の外国人女性。マスクと野球帽で素性が分からないようにして、イラク北部のドホークでインタビューに答えた=2015年2月13日(ロイター)【拡大】

  • エジプトが空爆したとみられる地点=2015年2月16日現在、リビア
  • イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」空爆に参加した主な中東諸国=2015年2月5日現在

 クルド部隊の女性に感銘

 組織で唯一の外国人女性は、自らと家族に危険が及ばないよう、目出し帽で顔を覆って野球帽をかぶった姿でインタビューを受けた。彼女はイスラム国と戦うクルド人部隊に多くの女性が参加していることに感銘を受けたとした上で、「キリスト教の民兵組織の伝統的『価値観』により感銘した。多くの紛争の根本はイスラム過激派にある」と主張した。

 公共のオーストラリア放送協会(ABC)も、自国から同じ民兵組織に参加したカミス・ジェワジス・カミス氏のインタビューを伝えた。カミス氏は、メルボルンに妻と子供2人を残し、イスラム国の支配下にあるイラク第2の都市モスルから、約30キロ離れたバコファという街に駐留しているという。

 「援助の必要性をアピール」

 取材に対し、「やつらは野蛮な連中だ。信じるもののために死ぬことだけを目的にしている。(私の)家族や子供を巻き込むテロを起こすことも想像できる」と憤慨。「国際社会の援助の必要性をアピールするために参加した」と語り、欧米各国政府がイスラム国との戦いに及び腰であることに不満を示した。

クルド人の治安部隊「ペシュメルガ」と共同戦線

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ