サイトマップ RSS

西ヨーロッパにはない民族色が魅力 「新世界」「わが祖国」 東欧の音楽家たち 月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」5月号 (1/3ページ)

2015.3.25 16:20

音楽家、アントニン・ドボルザーク(1841~1904年、提供写真)

音楽家、アントニン・ドボルザーク(1841~1904年、提供写真)【拡大】

  • 音楽家、ベドルジハ・スメタナ(1824~1884年、提供写真)
  • 月刊音楽情報誌「モーストリー・クラシック」5月号(提供写真)

 「新世界」のドボルザークや「わが祖国」のスメタナ、バルトークら東欧は優れた音楽家を輩出してきた。西ヨーロッパにはない民族色も魅力の一つだ。モーストリー・クラシック5月号は「『新世界』『わが祖国』 東欧の音楽家たち」を特集している。

 「新世界」ほど親しまれている作品はあまりないが、「遠き山に日は落ちて」や「家路」のタイトルのほうがなじみがあるかもしれない。堀内敬三が「新世界」に歌詞をつけた編曲は小学校の下校の時間などによく流された。「遠き山に日は落ちて」という歌詞とメロディーを覚えている人もいるのではないだろうか。

 故郷を思い作曲

 アントニン・ドボルザークは1841年、チェコ西部ボヘミアの小村で生まれた。父親は小さなホテルを兼ねた精肉店を営んでいた。長男のドボルザークは跡継ぎを期待されていたが、音楽の才能を認められ、苦学して音楽学校を卒業した。

 「スラヴ舞曲集」が大ヒットし、一躍名前が知られるようになった。ニューヨークのナショナル音楽院の院長に招聘(しょうへい)され、92年、大西洋を渡る。新世界アメリカから故郷ボヘミアを思い、作曲された交響曲第9番「新世界」は93年12月、ザイドル指揮ニューヨーク・フィルで初演された。

演奏家の才能も豊富

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ