サイトマップ RSS

彼女たちとの結節点 幅允孝 (5/5ページ)

2015.5.1 17:20

高木学園女子高等学校に作られた本棚。本に興味のない生徒達も巻き込もうというプロジェクトだ=2015年4月7日(加藤麻希さん撮影、提供写真)

高木学園女子高等学校に作られた本棚。本に興味のない生徒達も巻き込もうというプロジェクトだ=2015年4月7日(加藤麻希さん撮影、提供写真)【拡大】

  • 「Fate/Zero」(虚淵玄著/講談社、669円、提供写真)
  • PC版の「Fate/stay_night[Realta_Nua]」(角川ゲームス、提供写真)
  • 「ゲームの流儀」(太田出版、2376円、提供写真)
  • 「十角館の殺人」(綾辻行人著/講談社、810円、提供写真)
  • 気軽に本と接してもらえるよう、かわいらしい移動屋台のような本棚を製作。コンセプトは「picnic_with_books」=2015年4月3日(提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 いずれにせよ、検索型の世の中において、見たこともない本の登場に生徒たちは驚くに違いない。けれど、そこで起こるある1冊との出会いが、ひょっとしたら忘れられない本との邂逅(かいこう)になる可能性だってあるのだ。何といっても彼女たちの読書の道は、始まったばかり。ゆっくりと道中を愉(たの)しんでもらいたいではないか。(ブックディレクター 幅允孝/SANKEI EXPRESS

 ■はば・よしたか BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。近著に『本なんて読まなくたっていいのだけれど、』(晶文社)。

 (※1)『Fate/stay night』の10年前、第四次聖杯戦争を描く。奈須の設定を虚淵が見事に継いだ。イスカンダルの散り際に涙。

 (※2)PC版の『Fate/stay night』を他機種に移植したものが、これ。半信半疑の方は、まずはここから始めてみて。

 (※3)「ゼビウス」「ガンパレード・マーチ」など伝説のゲームを作ったクリエーターたちのインタビュー集。彼らの苦闘と背景を知るために。

 (※4)綾辻行人の記念すべきデビュー作であり「館」シリーズの第1弾でもある。これ以降、日本のミステリー界は「新本格」ブームが席巻する。

 (※5)気軽に本と接してもらえるよう、かわいらしい移動屋台のような本棚を製作。コンセプトは「picnic with books」。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ