サイトマップ RSS

【調布小型機墜落】5倍の燃料積載 離陸ぎりぎり重量 (1/4ページ)

2015.7.29 09:30

小型プロペラ機の墜落現場を調べる捜査員=2015年7月28日午後、東京都調布市(共同通信社ヘリから撮影)

小型プロペラ機の墜落現場を調べる捜査員=2015年7月28日午後、東京都調布市(共同通信社ヘリから撮影)【拡大】

 東京都調布市の住宅街に、離陸直後の小型プロペラ機が墜落した事故で、小型機は予定していた伊豆大島までの片道分の5倍に当たる大量の燃料を積んでいたことが28日、国土交通省への取材で分かった。

 重量は離陸可能な限界ぎりぎりだったとみられ、高温による推力不足など複合的な原因で高度を十分に上げることができず、墜落につながった可能性がある。

 国交省などによると、事故を起こしたパイパーPA46の機体そのものの重さは約1200キロで、理論上の離陸可能な最大重量(最大離陸重量)は約1950キロ。

 280キロ+搭乗者5人

 小型機が予定していた調布飛行場-大島空港の片道の飛行時間は約1時間だが、死亡した川村泰史機長(36)は、提出した飛行計画書に5時間分の燃料を積載していると記載していた。

 PA46の燃費性能で計算すると、最大約280キロの燃料を積んでいたことになる。さらに、機長を含め搭乗していた成人男性5人の体重が加わり、荷物もあれば、限界の重量まで100キロを切っていた可能性が高い。

高温で推力不足

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ