サイトマップ RSS

【将棋】羽生棋聖「若い世代参考に前進」

2015.10.9 08:30

羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(右)と産経新聞社の熊坂隆光(たかみつ)社長=2015年10月8日午後、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)

羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(右)と産経新聞社の熊坂隆光(たかみつ)社長=2015年10月8日午後、東京都渋谷区(鴨川一也撮影)【拡大】

 産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第86期棋聖位決定五番勝負」で8連覇、通算14期とした羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖(45)=名人・王位・王座=の就位式が8日、東京都渋谷区の「セルリアンタワー東急ホテル」で行われ、ファン約250人が祝福した。関西若手の豊島将之(とよしま・まさゆき)七段(25)を3勝1敗で下し、タイトル獲得は通算92期と最多記録を更新。その後、王位を防衛し、通算93期としている。

 就位式で、熊坂隆光(くまさか・まさみつ)産経新聞社社長が「既に前人未到の域に入っていますが、来期は9連覇を期待しています」と激励。賞杯と賞金目録が手渡された。

 羽生棋聖は「若い世代の感覚を参考にしながら前に進んで行きたい」と答えた。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ