特急「しまかぜ」真の狙いは? 近鉄が観光列車に力注ぐワケ (3/5ページ)

2013.6.9 12:05

  • 運行を開始した近鉄の新車両「しまかぜ」=21日午前、大阪府東大阪市(渡守麻衣撮影)
  • しまかぜの和風個室
  • 運行を開始した近鉄の新車両「しまかぜ」=21日午前、大阪府東大阪市(渡守麻衣撮影)
  • 大勢の利用客らが待ち構える中、入線した近畿日本鉄道の新型観光特急「しまかぜ」=21日午前、大阪難波駅
  • 近鉄の観光特急「しまかぜ」が運行開始。ホームに到着した「しまかぜ」=21日午前、大阪市中央区・大阪難波駅(竹川禎一郎撮影)
  • 近鉄が新たに運転を始める観光特急「しまかぜ」=7日午前、大阪市・近鉄大阪上本町駅(柿平博文撮影)
  • 近鉄の観光特急「しまかぜ」が運行開始。出発する「しまかぜ」=21日午前、大阪市中央区・大阪難波駅(竹川禎一郎撮影)
  • 近鉄が新たに運転を始める観光特急「しまかぜ」のカフェ車両=7日午前、奈良県内(柿平博文撮影)
  • 新型観光特急「しまかぜ」のカフェ車両の車内=7日午前(柿平博文撮影)
  • 近鉄が新たに運転を始める観光特急「しまかぜ」=7日午前、大阪府内(柿平博文撮影)
  • 新型観光特急「しまかぜ」のカフェ車両の車内=7日午前(柿平博文撮影)
  • 近鉄が新たに運転を始める観光特急「しまかぜ」=7日午前、大阪市・近鉄大阪上本町駅(柿平博文撮影)
  • 近畿日本鉄道が伊勢神宮の式年遷宮に合わせ運行する観光列車「つどい」のイメージ


最近の主な観光列車

最近の主な観光列車【拡大】

 このうち、しまかぜだけで運輸収入を5億円程度押し上げる。

 伊勢市からは「つどい」にも乗ってもらい、志摩方面へのファンも増やす。

 観光地の復権へ

 伊勢志摩は昭和の時代、社員旅行や修学旅行など団体客向けの観光地として人気を集めたが、バブル崩壊で観光客が減少。近鉄の伊勢志摩方面の特急利用は、直近のピークが平成6年度の約554万人だったが、24年度は約231万人だった。

観光地需要を増やさなければ「じり貧」に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。