なぜ?鉄道各社が高齢者向け事業強化 ゆりかごから墓場まで…沿線住民サポート (4/4ページ)

2013.8.22 06:00

南海電気鉄道の有料老人ホーム「南海ライフリレーションあびこ道」は、ゆったりとした作りで落ち着いた雰囲気だ

南海電気鉄道の有料老人ホーム「南海ライフリレーションあびこ道」は、ゆったりとした作りで落ち着いた雰囲気だ【拡大】

 その一方、沿線の高齢者人口は年々増えているとみられ、「介護ニーズは確実に増している」(阪神電鉄の担当者)という。

 野村証券によると、全国の介護関連市場は平成19年の7兆円から、37年には3倍程度の20~25兆円に膨らむ見通しだ。

 線路を張り巡らせている鉄道各社は、メーカーのように海外市場に軸足を移すわけにはいかない。

 しかし、「地元密着の弱点は、実は強みでもある」(関係者)という。沿線住民にとって鉄道会社のブランド力は絶大のため、高齢者が安心して利用しやすいからだ。

 多くの人は通学・通勤にJRや私鉄を使う。鉄道各社は最近、高齢者事業だけでなく、保育所まで手がけるようになっており、「ゆりかごから墓場まで」沿線住民をサポートする態勢を整えつつある。

 各社の“新戦略”は実を結ぶのか。今後の展開から目が離せそうにない。(中村智隆)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!