絶対にいい車を作る! ホンダ技術陣がベスト尽くした「アコードHV」 (1/9ページ)

2013.8.4 18:00

  • 6月21日に発売したアコードHV。新開発のハイブリッドシステムで高い燃費性能を実現した
  • アコードHVのエンジンルーム。ホンダの技術の粋が詰まる
  • 企業や官公庁向けにリース販売するプラグインハイブリッド車「アコードプラグインハイブリッド」の充電の様子
  • アコードHVの開発を担当した開発チーム。(左から)奥本敏之主任研究員、島田裕央主任研究員、二宮亘治主任研究員、浦井芳洋主任研究員
  • ハイブリッド仕様になった新型アコードを発表するホンダの伊東孝紳社長=20日、東京都渋谷区
  • ホンダが6月21日に発売した「アコードHV」=6月20日、東京都渋谷区(古川有希撮影)
  • アコードハイブリッド(提供写真)


アコードHVの運転席の各種操作ボタンなど

アコードHVの運転席の各種操作ボタンなど【拡大】

【開発物語】

 ≪STORY≫

 国内市場では近年、小型車、軽自動車に注力してきたホンダが、久々に本格的なセダン「アコードハイブリッド(HV)」を先月発売した。新たに独自のハイブリッド技術「スポーツハイブリッド i-MMD」を開発。ガソリン1リットル当たり30キロという軽自動車並みの燃費性能を実現した。

 「開発者一人一人がベストを尽くさなければ作れない車だ」

 アコードHV開発責任者の二宮亘治主任研究員は担当を命じられた際の思いをそう振り返る。

 アコードは、1976年に初代モデルが誕生。これまでに世界160カ国で販売されて累計生産台数が約1920万台に達した大ヒットモデルだ。国内でも118万台以上を販売し、長く看板車種に位置付けられた。

 ただ、国内はミニバンや小型車、軽自動車が市場の主流となり、近年はセダンは不振を極めている状況。アコードの販売台数も2012年は2300台弱まで落ち込んでいた。

 そんなホンダ車の本流とも言える重要な車の復活へ向け、開発の担当を任された二宮研究員は「『絶対にいい車を作ろう』という意気込みと重い責任を感じた」という。

圧倒的な燃費性能を実現するためのハイブリッドシステム

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!