あの最強の戦闘機が復活する!? 「何でも屋」最新F-35に“鈍重”疑惑 (4/6ページ)

2016.5.15 17:08

  • F-22ラプターに乗り組むパイロット。レーダに映らない独特の形状がわかる(米空軍HPより)
  • ドイツのスパンダーレム空軍基地に展開するためバルチック海上空を飛ぶF-22。輸送機や空中給油機など支援機材とともに、世界中へ展開可能だ(米空軍HPより)
  • アラスカのエルメンドルフ・リチャードソン統合基地所属のF-22。高い機動性が特徴だ(米空軍HPより)
  • FBWを戦闘機で初めて実用化したF-16(米空軍HPより)
  • 胴体下のウエポン・ベイを開くF-22。ジェットエンジンの後端は、ジェット噴流の向きを変える「推力変更(ベクタード・スラスト)のためのパドル(板)が備わっており、高機動を可能にしている(米空軍HPより)
  • 生産が遅れ、配備がなかなか進まないF-35(米空軍HPより)
  • 米空軍のF-35。量産の遅延が懸念されている(米空軍HPより)
  • レーダーに映らず、高い機動性を持つF-22「ラプター」(米空軍HPより)
  • F-22が登場するまで、世界最強の戦闘機として一世を風靡したF-15「イーグル」(米空軍HPより)
  • 4月11日、英国空軍レイクンヒース基地に展開し、空対空戦闘訓練を行うF-22。北大西洋条約機構(NATO)との共同訓練も重要な任務だ(米空軍HPより)


 F-35のA型は空軍用、B型はSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)型の海兵隊用、C型は海軍の空母艦載用だ。基本フレームなどを共通として設計開発費を安価に済ませようとの思惑があった。

 しかし計画が進むにつれ、共通で済む部分は当初予想より少ないことが判明する。また飛行や攻撃のプログラムは各型用に専用のものが必要で、開発費、開発時間とも当初計画を大きくオーバーした。さらに、その性能に疑問符をつける専門家がいる。

 世界でベストセラーとなったF-16戦闘機の開発に携わった航空機設計者のピエーレ・スプレイ氏は、F-35について「地上軍への近接支援に空対空戦闘、戦線後方への爆撃、全部1機種でできるはずがない」と指摘。「マニューバ(急旋回などの格闘機動)ができない。F-35は戦闘機とされているが、あれはくだらない爆撃機だ」と批判する。

 もしF-35に問題があるならば、エンジンが1機で小型で安価なF-35を「何でも屋」にしようとした点にあるのかもしれない。量産の遅れに開発費の高騰、そして“鈍重”疑惑がF-35に降りかかるなか、出現したのがF-22の再生産計画だ。

「ロシアと中国が予想を上回る性能の機体を開発している」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。