あの最強の戦闘機が復活する!? 「何でも屋」最新F-35に“鈍重”疑惑 (5/6ページ)

2016.5.15 17:08

  • F-22ラプターに乗り組むパイロット。レーダに映らない独特の形状がわかる(米空軍HPより)
  • ドイツのスパンダーレム空軍基地に展開するためバルチック海上空を飛ぶF-22。輸送機や空中給油機など支援機材とともに、世界中へ展開可能だ(米空軍HPより)
  • アラスカのエルメンドルフ・リチャードソン統合基地所属のF-22。高い機動性が特徴だ(米空軍HPより)
  • FBWを戦闘機で初めて実用化したF-16(米空軍HPより)
  • 胴体下のウエポン・ベイを開くF-22。ジェットエンジンの後端は、ジェット噴流の向きを変える「推力変更(ベクタード・スラスト)のためのパドル(板)が備わっており、高機動を可能にしている(米空軍HPより)
  • 生産が遅れ、配備がなかなか進まないF-35(米空軍HPより)
  • 米空軍のF-35。量産の遅延が懸念されている(米空軍HPより)
  • レーダーに映らず、高い機動性を持つF-22「ラプター」(米空軍HPより)
  • F-22が登場するまで、世界最強の戦闘機として一世を風靡したF-15「イーグル」(米空軍HPより)
  • 4月11日、英国空軍レイクンヒース基地に展開し、空対空戦闘訓練を行うF-22。北大西洋条約機構(NATO)との共同訓練も重要な任務だ(米空軍HPより)


 中露が呼び水も…まさかの選挙目当て?

 ロシアや中国がレーダーに映らないステルス機を開発し実用化が間近とされるいま、米空軍戦闘機の優位性は減っているとの見方が強い。上院軍事委員会の公聴会で、ジェイムズ・ホームズ空軍参謀次長は「ロシアと中国が予想を上回る性能の機体を開発している」と発言している。

 そこでF-35の配備が遅れる中、即戦力として期待できるF-22を再生産し、配備数を増やそうというのだ。米下院軍事委員会は2017年度国防政策法案の一部に、F-22の再生産を始めて最低194機を調達した場合の費用の検討を求める項目を追加。検討結果を17年1月1日までに提出するよう求めた。

 かつてF-22が量産期間中には、日本とオーストラリアが購入を打診していた。高度なステルス技術が使われていることを理由として98年に「輸出は行わない」との決定が下されたが、再生産の話が本格化すれば購入の話も再び浮上する可能性がある。ただ、本当に再生産にこぎつけるかは未知数だ。

F-22の生産ラインで使っていた機械や治具は保存されている

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。