高級車「レクサス」が売れている理由 デザインが嫌だという人もいるけれど… (5/5ページ)

2017.3.19 13:05

  • 雪の山道をダイナミックに走るLX570
  • カートレースは脇阪寿一さんがインストラクターとして参加者にアドバイスなどを行った
  • 吹雪の中でのドリフト走行
  • レクサスブランドマネジメント部 Jマーケティング室 グループ長の宮永悦充氏
  • INTERSECT BY LEXUS- Tokyo
  • レクサスの顔とも言えるスピンドルグリルデザイン
  • 参加者には移動手段としてSUV「RX」もしくは「LX」が貸し出された
  • イベント会場となった「新千歳モーターランド」。本来ならば冬期は休業中
  • インストラクターを務めたプロレーサーの面々
  • 脇阪さんもカートレースに参加。爆走した
  • 気温は氷点下に
  • 参加者とインストラクターの交流
  • イベントの最後には暗闇でプロの限界走行を体験するサプライズが
  • ディナーメニューにも趣向が凝らされている


 「クーペやスポーツタイプのFモデルがレクサスの商品に追加されたので、クルマ好きという顧客層も格段に増えました。これまではセダンのラインアップが多く、他メーカーと比べると選択肢が少なかった面があります。この数年間で充実したのは大きいです」(宮永氏)

 加えて、レクサスの売り上げ全体をけん引しているのがSUVだ。もともと高級クロスオーバーSUVというセグメントを切り開いたのが「RX」で、そこから他社が追随してきたという歴史がある。現在は、RXよりも少し小型の「NX」、そしてRX、LXのSUVモデルでレクサスの全販売台数の約6割を占めるほどの主力となっている。

 トヨタは今、「もっといいクルマづくり」という理念を掲げている。この理念はレクサスにとっても変わらない。その上でレクサスが求めるのは熱狂的なファン作りだ。

 「よく福市(得雄レクサスインターナショナルプレジデント)が言うのは、『このクルマを本当に愛してくれる人が買ってくれればいい』。例えば、スピンドルグリルは深海魚みたいで嫌だという人もいますが、一方、このデザインに惚れて買ってくれる人もいるのです。とりわけラグジュアリーブランドは、誰もが好きになってくれる中庸なデザインではなく、好き嫌いがはっきり出るようなものでないと駄目だと思っています。そうでないと熱狂的なファンは生まれません」(宮永氏)

 今後さらに販売台数を7万、10万と伸ばしていくのではなく、レクサスというブランドを愛してやまないファンを一人でも多く作っていくことの方が優先度は高いという。顧客の数よりも質。それこそがライバルメーカーとの競争に勝ち抜くための近道でもあるのだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。