【飛び立つミャンマー】ヤンゴンのコンビニ競争激化 (2/4ページ)

2014.3.14 05:00

 コンビニの中をのぞいてみると、店の作りは日本とほぼ同じ。レジの周囲にはたばこや雑誌が置かれ、パンや飲み物、アルコール類、アイスクリームなどもある。

 食料品や調味料もそろっているが、即席麺や菓子などは中国や韓国の商品が多い。さらに弁当もある。ただ、日本のコンビニのようにすぐ食べられるのはパンやサンドイッチのようなものだけ。チキンカレーなどもあるが、これらは冷凍保存してあり、注文を受けてからレンジで温めて渡すという。

 店内の天井には液晶テレビがつるしてあり、コンビニの宣伝や映画案内も流れていた。

 ちょうど学校の終業時刻だったことから、制服を着た子供たちがまとまって店を訪れ、ひと通り店内を見て回ってから、それぞれ飲み物やパンなどを買っていく様子は、日本と同じ光景だ。

日本の大手コンビニチェーンからもアプローチ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。