インド、EUとのFTA交渉難航 自動車業界は強硬に反対 (1/3ページ)

2015.4.27 06:07

共同記者会見に臨むインドのモディ首相(左)とドイツのメルケル首相=今月、独ベルリン(AP)

共同記者会見に臨むインドのモディ首相(左)とドイツのメルケル首相=今月、独ベルリン(AP)【拡大】

 インドは欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)の交渉が難航している。今月ドイツ・ベルリンで行われたインドのモディ首相とドイツのメルケル首相の会談では、モディ首相が「均衡の取れた相互利益」を主張して交渉加速を主張したのに対し、メルケル首相は「あらゆる面で歩み寄りが必要」と述べ、両者の要求に大きな隔たりがあるとの認識を示した。現地経済紙エコノミック・タイムズなどが報じた。

 インドとEUのFTA交渉は、2013年5月にインドのIT(情報技術)分野のデータ保護状況をめぐる協議が物別れに終わったのを最後に行われていない。今回、モディ首相がメルケル首相と会談をするに当たり、インド側はニルマラ・シタラマン商工担当国務相が「FTA交渉の準備はできている」と述べるなど、ドイツの理解を得たうえでの交渉再開に期待する姿勢を示していた。

 前回交渉の不調の原因となったIT分野のデータ保護状況については、EUが加盟国企業に対してデータ保護規則への順守が不十分な国・地域に業務の外部委託を行うことに厳しい制限を設けていることから、IT分野の業務受託が盛んなインド側が順守の認定を求めている。

 これに対してEU側は、インドのIT分野はセキュリティーに問題があるとの認識を引き続き持っているもようだ。

インドは自国産業の保護を名目に消極的

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。