【上海摩天楼】一度は脱出も…英HSBC、中国傾斜深めるか 香港、上海への本社移転浮上 (1/4ページ)

2015.11.16 06:38

上海市内を流れる黄浦江沿いの旧英米共同租界に建つ1923年竣工(しゅんこう)の旧香港上海銀行(匯豊銀行)ビル。49年の新中国成立以降、上海市政府や中国共産党上海市委などが使ってきたが、現在は地場の上海浦東発展銀行が入っている。旧香港上海銀行はこのビルの竣工以前、1865年に上海に進出している(河崎真澄撮影)

上海市内を流れる黄浦江沿いの旧英米共同租界に建つ1923年竣工(しゅんこう)の旧香港上海銀行(匯豊銀行)ビル。49年の新中国成立以降、上海市政府や中国共産党上海市委などが使ってきたが、現在は地場の上海浦東発展銀行が入っている。旧香港上海銀行はこのビルの竣工以前、1865年に上海に進出している(河崎真澄撮影)【拡大】

 英金融大手HSBCが中長期的な観点から中国ビジネスの将来性をどう判断し、中国との距離感をどう測るか。年内にその方向性がはっきり見える。

 HSBCの歴史は1842年に清国が英国に敗北したアヘン戦争に端を発する。中国への経済侵略を本格化させた英国の権益を代表する形で、65年に香港で設立され、19世紀から香港や上海を舞台に陰に陽に中国ビジネスを繰り広げてきた香港上海銀行が前身。Hは香港、Sは上海、Bはバンキング、Cはコーポレーションの頭文字だ。

 一度は脱出

 だが、HSBCは1997年の英国から中国への香港の主権返還をリスクと捉え、92年に英ミッドランド銀行を買収する形で香港を脱出。ロンドンに本社を移転した経緯がある。

 そのHSBCが今度は英国の金融当局による金融規制強化を嫌気し、本社所在地を現在のロンドンから海外に移す方針を決め、移転先を年内に選定すると今年6月に表明した。香港に戻るか、上海を選ぶかという「中国重視」の姿勢を示すとの説が有力だが、ニューヨークやパリなど「中国離れ」と受け取れる候補地も取り沙汰される。

移転先が香港や上海か、とされる「中国重視」の兆候の一つが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。