「世界一汚い」中国の“恥部” 流さず、体洗い、便器外排泄…トイレ革命に本気 (3/5ページ)

2016.3.6 17:06

中国・重慶で3000平方メートル以上の敷地に1000以上の便器が並ぶ4階建ての巨大公衆トイレ。中国は現在、「トイレ革命」と銘打って衛生面や使用時のマナー改善を進めているという(AP)

中国・重慶で3000平方メートル以上の敷地に1000以上の便器が並ぶ4階建ての巨大公衆トイレ。中国は現在、「トイレ革命」と銘打って衛生面や使用時のマナー改善を進めているという(AP)【拡大】

  • 2010年の中国・上海万博で登場した“世界一”のトイレ。金ピカだ
  • 中国・上海での住宅設備の見本市で展示された日本メーカーのトイレ。市場は大きいが競争も激しい。最近ではトイレの衛生面や使用時のマナー改善が叫ばれているという(2012年5月撮影)
  • 中国国家観光局のホームページで中国のトイレを説明する欄に載っているトイレの写真

 「トイレ革命」

 中国の「トイレ革命」は昨年スタートした。国家観光局が昨年1月に「革命」を全国規模で展開すると宣言。3年間で、観光地の公衆トイレを中心に全国5万7千箇所のトイレを新設・改修するとの計画を明らかにした。

 悪臭がなく、清潔で管理の行き届いたトイレにすることを目標にしており、農村部を中心に多く残るくみ取り式のトイレを水洗式などの近代的なものにしたり、下水管が詰まるとの理由で流せなかった使用済みトイレットペーパーを流せるように改善したり、また個室のドアがない「ニーハオトイレ」をなくしたり、などを施す方針だ。

 この取り組みは、国家観光局が昨年12月に発表した2015年の「中国観光業10大ニュース」にも登場した。「習近平国家主席が中国全土の『トイレ革命』推進を指示」と広報し、観光戦略の重点事業の一つに位置づけていることをアピールしている。

 中国メディアによると、昨年末時点でのトイレの新築、改造工事自体は計画通り順調に進んでいるとされる。

ただ、この計画が完了しても、中国全体の中ではまだほんの一部…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。