「カバディ」ショービジネス化、競技レベル向上 日本でも漫画出版、人気高まる (2/2ページ)

2016.12.20 05:00

W杯のタイ戦で相手選手を捕まえるカバディ日本代表の選手たち=10月、アーメダバード(共同)
W杯のタイ戦で相手選手を捕まえるカバディ日本代表の選手たち=10月、アーメダバード(共同)【拡大】

 PKLは将来の国際展開を視野に各国選手を受け入れている。日本代表の主将、下川正将選手=東京都在住=は14年から初の邦人選手として西部ムンバイの「ユームンバ」に一時所属。知名度も高く、「インドのファンから写真撮影を求められた」と笑みを漏らした。

 日本代表の井藤圭順監督は今回のW杯について、インド側が専門コーチを各国に派遣し指導したため「競技レベルが大きく上がった」と指摘。カバディ新興国の技術と体力向上は顕著で、優勝はインドだったが、近年力をつけてきた韓国は予選リーグでインドを破る金星を挙げた。前大会3位の日本は、タイやケニアに及ばず予選敗退。井藤監督は「若い選手を鍛え、また戻りたい」と再起を誓った。

 日本でもカバディ人気は高まる。大手出版社の小学館は15年に漫画「灼熱(しゃくねつ)カバディ」を発表し話題を呼んでいる。日本カバディ協会によると、登録選手は約300人で愛好者は数万人。下川選手は「漫画を読み、競技を始める人が増えた」と話し、日本での盛り上がりを期待した。(アーメダバード 共同)

【用語解説】カバディ

 素手による狩猟がルーツとされるインド発祥スポーツ。語源は不明。2チームがコートの両側に陣取り、敵陣に1人で乗り込んだ攻撃選手が「カバディ」の言葉を唱えながら守備選手に触り、捕まらずに自陣に戻ると得点。守備選手らは攻撃選手の捕獲を目指す。競技ではタックルなど激しい接触もある。インドや周辺国の人気スポーツで、アジア大会では1990年北京大会から採用され、日本は2010年に初メダル獲得。五輪種目には採用されていない。(アーメダバード 共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。