「阿波おどり」4億円超の累積赤字、徳島市と観光協会が対立…今年の開催は大丈夫? (1/4ページ)

毎年120万人以上が訪れる「阿波おどり」だが、地元の混乱で今夏の開催が危惧されている
毎年120万人以上が訪れる「阿波おどり」だが、地元の混乱で今夏の開催が危惧されている【拡大】

  • 毎年120万人以上が訪れる「阿波おどり」だが、地元の混乱で今夏の開催が危惧されている
  • 毎年120万人以上が訪れる「阿波おどり」だが、地元の混乱で今夏の開催が危惧されている

 徳島市の夏の風物詩「阿波おどり」(8月12~15日)に4億円余りの累積赤字が発生し、運営方法などをめぐって徳島市と主催者の公益社団法人・市観光協会の対立が深刻化している。市は「観光協会に代わる新たな運営体制を作る」とし、債権者として協会の破産手続きを徳島地裁に申し立てた。一方、観光協会は「協会に責任を押しつけている」と反発し、阿波おどりの単独開催も示唆する。本番まで半年を切ったが、地元の混乱に市民やファンからは「今年の開催は大丈夫か」といった声も出ている。

4億3600万円にまで膨らんだ借入金

 毎年120万人以上が訪れる阿波おどりは、観光協会と徳島新聞社が主催。主要な業務は観光協会が担当し、毎年、金融機関からの借入金などで運営しているが、事業特別会計は赤字が続いている。

 市と金融機関は観光協会が借入金を返済できないときは、市が損失補償する契約を結んでいる。観光協会はこれを“担保”に金融機関から資金を借り入れ、年度末にいったん清算した上で翌年度にまた借り入れる形をとっており、事実上、借金を翌年度に回す形となって累積債務が膨らんでいる。

 市によると、観光協会の累積債務は平成9年度が2億2700万円、12年度が3億700万円、15年度は4億円を超えた。その後は一部を返済したため3億8千万円前後で推移したが、24年度に再び4億円を超え、28年度は4億3600万円にまで膨らんだ。

 市の損失補償の限度額は年度末に観光協会と協議して設定。借り入れ増に伴い一時は6億円に設定したが、28年4月に就任した遠藤彰良市長はこの限度額を変更し、29年度は借入額と同じ4億3600万円に減額した。市は「安易に赤字を増やさないように借入額に合わせた」と説明する。

累積赤字は約4億2400万円