SankeiBiz for mobile

1円刻みのIC乗車券「東日本のみ」 JR6社 消費増税で運賃値上げ申請

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの経済

1円刻みのIC乗車券「東日本のみ」 JR6社 消費増税で運賃値上げ申請

更新

 来年4月の消費税率8%への引き上げに伴い、JR旅客6社は12月12日、運賃・料金の改定を国土交通省に認可申請した。カード型IC乗車券で、Suica(スイカ)のJR東日本だけが1円刻みで正確に増税分を反映させ、券売機で購入する切符と価格が異なる「二重運賃」となる。4月1日から実施予定。また、関西の私鉄5社はこの日、10円単位の値上げを発表し、1円刻み見送りを明らかにした。

 一部で逆転現象

 JRの運賃値上げは、消費税率が5%に引き上げられた1997年4月以来。他5社はカード普及率が低いため1円刻みを見送り、カード、切符とも10円単位で同じ価格に設定した。税抜き運賃に8%を上乗せし、10円未満を四捨五入する。JR東日本の切符も原則として四捨五入するが、一部で切り上げる。平均改定率はJR北海道が2.856%、他は2.857%。

 JR東日本によると、東京周辺の乗客の特に多い「電車特定区間」ではカードが切符より安くなり“お得”。他の地区では切符が安くなる“逆転現象”が起きるエリアがあるため、駅の運賃表で案内するという。

 初乗り運賃はJR西日本が120円、東海が140円、四国、九州が160円のまま据え置いたが、東日本では切符が140円、カードが特定区間で133円、他の地区で144円となった。

 「二重運賃」に反発

 ただ、カード型IC乗車券に消費税増税分を1円刻みで反映させるのは、Suicaを発行するJR東日本の他には、PASMO(パスモ)の首都圏私鉄などにとどまりそうだ。

 首都圏ではJR東日本に加え、パスモを使う東急、東京メトロ、京浜急行なども1円刻みの導入を検討しており、近く国土交通省に運賃改定を申請する見通し。都営地下鉄も1円刻みを盛り込んだ運賃改定条例案を開会中の都議会に提出している。

 首都圏はカード利用者が8割に上る。さらに国交省が10月、カードが切符と同額か安くなるよう促す指針を示し、1円刻みの後押しとなった。スイカが使える仙台、新潟エリアも1円刻みとなる。

 一方、関西の私鉄5社と名古屋鉄道は、1円刻みの運賃導入を見送る。関西のカード普及率は4割程度。カードと切符の価格が異なる「二重運賃」への反発も根強い。「首都圏と違い二重運賃を利用者に納得させられない」(阪急)という。首都圏を除いた私鉄、市営地下鉄は相次ぎ10円単位で値上げする方針だ。

 JR西日本の担当者は「首都圏の1円刻みで、乗客の反応を把握して次の改定時、対応をしっかり検討していく必要がある」と話した。(SANKEI EXPRESS

ランキング