SankeiBiz for mobile

凍える関東甲信 例年よりも「寒い冬」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの科学

凍える関東甲信 例年よりも「寒い冬」

更新

 本州の南側を発達しながら進む低気圧の影響で、日本各地では12月18日、気温が上がらず寒い一日となった。19日朝にかけては関東甲信に雪が降る可能性がある。東北や北海道では平年の4倍以上の雪が積もっている地点も。1946年の統計開始以来、1998年と並び最も暑かった10月から一転、今冬は平年より寒くなり、降雪量も多くなる見込みだ。

 「12月の雪」3年ぶり

 気象庁によると、寒さをもたらすのは今夏の猛暑や台風多発の原因となった熱帯域の高い海面水温だ。海面水温が高くなると積乱雲の発生が活発化し、偏西風が日本付近で南に蛇行する。このため冬型の「西高東低」の気圧配置が強くなり、寒気が入り込みやすくなるという。

 18日の東京都心の最高気温はこの冬最も低い8.8度。前線を伴った低気圧が本州の南側を発達しながら通過し、北の冷たい風を呼び込んでいるためという。19日にかけて雪や雨となる見込みで、東京に雪が降れば12月としては3年ぶりとなる。

 東北・北海道も

 東北や北海道では(12月)12日から大雪に見舞われた。(12月)15日までに多いところでは1日当たり40~50センチを超える雪が降り続き、18日午後1時現在の積雪量は北海道・朱鞠内(しゅまりない、幌加内町(ほろかないちょう))で116センチ、青森県・酸ケ湯(すかゆ、青森市)で111センチ、山形県・大井沢(西川町)で96センチ。平年の3~4倍の積雪となっている地点もある。気象庁は「今後も雪が多く降る可能性があるので、予報をこまめに確認し注意してほしい」としている。

 ≪光も震えて≫

 年末年始の皇居を彩るライトアップの試験点灯が12月18日、行われた。皇居のシンボル、二重橋の前では、冷たい雨がライトに重なり、幻想的なシルエットが広がった。

 ライトアップは昨年から実施。今年は正門の石橋や伏見櫓(やぐら)に加え、正門と坂下門も対象となる。点灯は天皇誕生日の23日から来年1月5日まで午後5~9時に行われる。(SANKEI EXPRESS

ランキング