SankeiBiz for mobile

スノーデン氏から露に渡った監視技術

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

スノーデン氏から露に渡った監視技術

更新

作家、元外務省主任分析官、佐藤優(まさる)氏(共同)  【佐藤優の地球を斬る】

 英紙ガーディアンの元コラムニスト、グレン・グリーンワルド氏の著作『No Place to Hide(隠れ場所はない)』(邦訳『暴露――スノーデンが私に託したファイル』新潮社)が5月14日に世界同時販売された。

 NSA(米国家安全保障局)などによるシギント(電話、電子メールなどを含む通信を用いたインテリジェンス)工作に関する大量の資料を持ち出した元CIA(米中央情報局)職員のエドワード・スノーデン氏(現在、ロシアに一時亡命中)が、グリーンワルド氏に託した極秘情報が本書で披露されている。通常では知ることができないインテリジェンスの「奥の院」について伝える貴重な資料だ。

 「インテリジェンスに友好国なし」という諜報の大原則をスノーデン氏が実証した。興味深いのは、NSAが巨大な秘密監視システムを構築した意図だ。NSA幹部の書いたメモに関する以下の記述が興味深い。

 国益、金、エゴ

 <NSA内の一部では、この大規模な秘密監視システムを構築することの真の目的がきわめて率直に語られている。複数の諜報機関の職員のためにつくられた、あるパワーポイントのプレゼンテーション資料には、「インターネットを支配する国際的な基準をつくることができれば、“遮られることのない視野”を得られる」と書かれている。この資料を執筆したのは科学技術を担当するNSAの信号情報国家情報官で、“経験豊富な科学者にしてハッカー”を自任している。

 彼の作成した資料のタイトルは、単刀直入に「国益、金、エゴの果たす役割」と銘打たれている。彼の弁に従えば、この“国益、金、エゴ”の三要素すべてが、地球規模の監視を独占しつづけようとするアメリカの大きな動機になっているのだそうだ。〈文書86〉(非機密//私用禁止)そのとおり……金、国益、エゴ--これらすべてを組み合わせることは、すなわち世界を大規模に形作ることになる。

世界のどの国も……自国のために世界をよりよい場所にしたいと考えている。

 ここでは、インターネットの支配によって、アメリカに大きな権力と影響力が与えられているばかりか、莫大な利益も生み出されていることが語られている>(250~25ページ)

 ジョージ・オーウェルが『1984』、イスマイル・カダレが『夢宮殿』で描いた、「国民のすべてを監視したい」という欲望が、インターネットというテクノロジーによって実現しつつある。しかし、その動機は、「エゴ、金、国益」のアマルガム(合金)だ。

 日本もサイバー防衛を

 霞が関(官界)には、自分の出世(エゴ)が省益で、省益が国益になるという単純な同心円で物事を考えている官僚が意外と多くいる。米国の場合、官僚、ビジネス、アカデミズム間の相互異動が頻繁に行われるので、エゴと国益を金につなげることが容易にできるのであろう。もっともロシアや中国でも、「エゴ、金、国益」は、結びつきやすい構造がある。

 現時点でロシアや中国はNSAのような本格的な監視システムを持っていない。ただし、技術の進歩は早い。特にロシアは、スノーデン氏から徹底的な事情聴取を行っているはずだから、NSAの技術のかなりの部分が既にシギントも担当するFSB(露連邦保安庁)に移転したものと思われる。

 数年後には、ロシアや中国のサイバー部隊が目をつけた日本人のコンピューターやスマートフォンに侵入して、政府情報、企業情報、個人情報を盗み取るような状態になるかもしれない。このような未来を視野に入れて、日本としても独自のサイバー防衛技術を開発しなくてはならない。(作家、元外務省主任分析官 佐藤優(まさる)/SANKEI EXPRESS

ランキング