SankeiBiz for mobile

英の映画館 Google Glassに「NO」 盗撮防止 座席での使用禁止

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの科学

英の映画館 Google Glassに「NO」 盗撮防止 座席での使用禁止

更新

英国・首都ロンドン  グーグルが眼鏡型端末「グーグルグラス」を英国で6月23日に開発者向けに発売したところ、英国内のほぼすべての映画館で、映画本編の盗撮防止を理由に座席での使用を禁止されていたことが7月2日までに分かった。米国でも昨年(2013年)5月、開発者向けに先行発売した際、プライバシー保護などの観点から、飲食店やカジノなどで着用禁止の動きが一気に広がった。現実世界とネットの世界をリアルに融合する画期的なウエアラブル(身に着ける)端末として脚光を浴びるグーグルグラスだが、本格的な普及には課題が山積だ。

 国内ほぼすべて

 「映画館の観客は、映画が上映中かそうでないかにかかわらず、シアターの座席ではグーグルグラスの着用を禁止する」

 英国映画館主協会(CEA)のフィル・クラップ会長は、館内でのグラスの使用規定をこう説明した。

 英紙インディペンデント(電子版)などによると、CEAには全英の90%の映画館(約3900スクリーン)が加盟している。今回打ち出した使用規定には法的強制力はなく、あくまで勧告だが、加盟する映画館はこれに従うとみられる。

 また、英国で第3位の映画館チェーン「ヴュー」も、系列の映画館では、シアターに着席した観客に対し、照明が消える前にグーグルグラスを外すよう求めるという。

 英では18歳以上の開発者に対し、1000ポンド(約17万4000円)で発売されたグーグルグラス。現実世界とネット世界を融合し、音声操作で手ぶらのまま動画の撮影などができる。

 今回は、米以外での初の発売とあって、今後の世界展開の行方を占うものとして注目されたが、結局、発売から約1週間でケチがついた形となった。

 米ではFBIが尋問

 映画館側が神経質になるのも無理はない。これを着用すれば誰にも気づかれずに映画を盗撮できるからだ。電源の関係で動画は連続45分しか録画できないが、前編と後編を別々に盗撮してつなげば、1本の映画の海賊版が製作できる。

 既に米では今年1月、オハイオ州コロンバスの米大手チェーンAMCの映画館で、グーグルグラスを着用したまま映画「エージェント:ライアン」を鑑賞していた男性が、録画していなかったにもかかわらず、米連邦捜査局(FBI)の捜査官に尋問され、館外に連れ出される騒ぎが発生。以降、全米でも使用禁止にする映画館が増えている。

 CEAの勧告について、グーグル側は「携帯電話と同様、観客には上映前に電源を切るよう求めればよいだけだ」と反論し「この製品は目の上に着用するうえ、作動すると必ず画面が点灯するため、盗撮用の機器としては非常にお粗末だ」と説明し、映画館側に理解を求めた。

 「まだまだ対策甘い」

 一方、英国の映画館のなかにはまだまだ対策が甘いとの声も。CEAのメンバーであるスチュアート・ホール氏は英BBC放送に「海賊版業者は常に、発見されない新たな方法を編み出す」と指摘し、「グーグルグラスで録画した動画は低質かもしれないが、それで海賊版DVDの販売は抑止できない。画質の良しあしは購入しないと分からないからだ」と説明。「すべてのウエアラブル関連機器が禁止対象になるべきだ」と訴えた。

 グーグル側は「実際に使って直接体験することがベストだと考える」と主張するが、英国ではグーグルグラスの売り上げはあまり伸びないのではないかと噂されている。(SANKEI EXPRESS

ランキング