マツダ、ロータリー撤退 RX-8生産終了、水素燃料に活路 (1/2ページ)

2011.10.8 05:00

「RX-8SPIRITR」

「RX-8SPIRITR」【拡大】

 日本発の自動車エンジンが姿を消すことになる。マツダは7日、ロータリーエンジン(RE)を搭載したスポーツカー「RX-8」の生産を来年6月に終了すると発表した。

 REは同社独自の技術だが、世界的に高まる低燃費競争には不利となっていることが要因とみられる。RE車の販売台数は少ないことから、同社の経営への影響は軽微とみられるが、世界で唯一のRE車からの事実上の撤退となる。

 ただ、REの「研究開発は継続する」(山内孝社長)としており、将来の自動車用燃料として期待される水素用エンジンとしての実用化を狙う。

 同社は最後の特別仕様車「RX-8 SPIRIT R」を11月24日に発売する。価格は312万円からで、1000台の販売を目指す。

 REは同社の社長、会長も務めた山本健一氏が中心となって開発した。一般のエンジンが2回のピストン往復で1回燃焼させるのに対し、REはピストンの代わりにおむすび形のローター(回転子)がエンジン室内で回転。1回転で1回燃焼するため、事実上、2倍の排気量となり、スポーツカーなどでは性能を発揮しやすい。

ロータリーエンジンが生き残る道 に続く