NTT東西、IPv6普及に道筋 アダプターと一体化の接続機器配布 (1/2ページ)

2012.7.17 05:00

 インターネット上の“住所”といえるIPアドレスの新規格「IPv6」を普及させるため、NTT東日本と西日本が家庭に光回線を引き込む接続機器とIPv6用アダプターを一体化させることが16日、明らかになった。

 来年度から光サービスの加入者に接続機器を配布することを総務省の研究会が17日に報告、7月末にまとめる報告書に盛り込む。IPv6の利用率はNTT東西の対応の遅れから国内では1.5%程度にとどまっているが、最大の光サービス加入者を抱えるNTT東西が対策を進めることで、普及が本格化しそうだ。

 総務省の「IPv6によるインターネットの利用高度化に関する研究会」は昨年12月、IPv6利用料金の低価格化による普及の促進や、NTT東西の光サービス利用者によるIPv6利用時の遅延対策などを盛り込んだ報告書をまとめた。ただ、その後も普及は進んでおらず、17日の研究会ではNTTがインターネット接続事業者(プロバイダー)などと協力して利用拡大を進める具体的な普及策を提示する。

有料か無料か…接続機器の配布方法を今年度内に決定

  • NTT 攻めの雇用転換 65歳まで雇用延長、過去の“禍根”断つ
  • NTT鵜浦新社長「北米挑戦が次につながる」 積極的に他社との連携
  • ドコモ新社長、スピード重視 ソフトバンクに闘志燃やす