KDDI、Wi-Fi専用「iPad」販売せず

2012.11.7 07:55

銀座のアップルストアでも若者らが買い求めた「iPadmini」

銀座のアップルストアでも若者らが買い求めた「iPadmini」【拡大】

 米アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」および「アイパッドミニ」について、新たな国内販売会社となるKDDIはWi-Fi(公衆無線LAN)専用モデルを販売しないことが6日わかった。携帯電話(3G)用モデルだけを販売する。

 アップルはソフトバンクとも取扱品目について協議中で、2日から各国で販売しているWi-Fi専用アイパッドの販売戦略を変更する可能性が高い。

 新型アイパッドとアイパッドミニの3G版は3G通信網とWi-Fi環境の両方で使える。11月中旬以降に発売される見通しだが、初めて取り扱うKDDIは3G版だけに絞って販売することになる。

 ソフトバンクはアイパッド発売当初からWi-Fi版と3G版の両方を販売してきたが、新製品については改めてアップルと協議しており、3G版だけ販売する可能性もある。

 現在のところ、アイパッドの国内販売量の過半数がWi-Fi専用モデルとみられているが、Wi-Fi利用環境の拡大と小型軽量タイプのアイパッドミニ投入で、今後はさらに急拡大する見通し。アップルは新型アイパッド2機種の販売台数が従来より早い3日で300万台に達したと発表した。

 アップル関係者は「何も話せない」としているが、証券アナリストは「アップルがアイフォーンを販売する通信事業者との住み分けを考えている可能性がある」と指摘している。



産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。