NTT社長、海外クラウド加速 iPhoneは「利用者望むなら拒否せず」 (1/2ページ)

2012.12.15 07:45

インタビューに答えるNTTの鵜浦博夫社長=14日、東京都千代田区

インタビューに答えるNTTの鵜浦博夫社長=14日、東京都千代田区【拡大】

 NTTの鵜浦博夫社長は14日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、2016年度に200億ドル(1兆6600億円)を目指すとしている海外売上高目標のうち、「大部分はクラウドコンピューティングになる」と述べ、海外クラウド事業にさらに注力する考えを示した。来春には北米に研究開発拠点を開設し、技術開発も急ぐ。

 鵜浦氏は、NTTが10年に買収した南アのIT大手、ディメンション・データが強い顧客基盤を持つアフリカ、中東、アジアでの事業拡大に期待。「(欧米など)先進国は競争が厳しいが、これらの地域では相当優位に立てる」と自信をみせた。

 傘下のNTTコミュニケーションズなどが開発中のクラウド上の障害分析ツールも完成間近といい、高度なセキュリティーを前面に攻勢をかける方針だ。

 米カリフォルニア州シリコンバレーに開設する研究拠点には、100人規模の技術者をそろえる考えを示した。「現地採用を中心に日本からも技術者を派遣する」といい、日米で連携しながら技術開発を加速させる。

「iPhone」の取り扱いをめぐっては…