「夢の超電導線」実用へ本格化 電力問題解決の切り札となる可能性も (1/4ページ)

2013.1.6 18:04

 電力ケーブルに使用する銅線に代わる「超電導線」に期待が高まっている。送電ロスが銅線に比べ約半分に軽減されるからだ。約100年前オランダの物理学者が発見して以降、電気抵抗がゼロにできるなどの特長を持つ一方、実現が困難で「夢の超電導」と呼ばれてきた。電力を無駄なく送電できる超電導線は、日本が抱える電力問題を救う大きな一助となりそうだ。

 実用化の障壁は超低温

 超電導と呼ばれる現象は、1911年、オランダの物理学者ヘイケ・カメルリング・オネスが発見した。電気抵抗はなくならないものとされていたが、オネスは温度がマイナス269度以下になると水銀の電気抵抗がゼロになり、電圧をかけなくても電流が流れ続けることを発見した。

 電気抵抗とは電流の流れにくさを示す。電気抵抗があると電力は熱エネルギーにかわり、エネルギーを損失してしまう。電気抵抗ゼロの超電導は電力ケーブルに使用するには最適だ。

ところが、1987年に研究が大きく前進した

  • リニア駅誘致、古都のメンツ激突! 「内紛の奈良」VS「謀略の京都」
  • 世界に誇るリニア新幹線、実用化へ大きな一歩 JR東海の戦略は?
  • 日本初の超電導ケーブル実証実験 送電ロス改善、2020年の実用化目標
  • JR新型車両、高速化へ着々と準備 「L0系」と「スーパーこまち」公開
  • JR東海社長の我慢も限界? リニア大阪早期開業論に「ありえない!」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!